司法書士になる!

司法書士受験に特化した内容と学習全般に通じる情報とを提供するブログです

心が折れるたびに受験生の私を救ってくれた漫画 5選

f:id:tsjtksh:20170812021238j:plain

長く受験勉強を続けていると、どうしても弱気になって心が折れてしまうことがあります。
 

 
志望校や資格試験に不合格だったときはもちろん、 日々の勉強のなかでもそのときは頻繁に訪れます。

この勉強法でいいのか?なぜ同じ問題をまた間違えるのか?この調子で次は合格できるのか?受からなかったらどうするのか?なぜこんなことをしているのか?しかし今さら引き返すこともできない。お金は?仕事?友人?恋人?結婚?子供?親?老後?等々、受験生の不安は尽きません。

 
もしも精神的に弱っているときに、こうした不安がもたげるとモチベーションは瞬く間に地に落ちてしまいます。恋人や配偶者との別れなどが重なって、弱り目に祟り目になることは不思議によく起こります。参考書のページは進まなくなり、時間だけが刻々と無慈悲に過ぎていきます。
 
そんな風に心が折れるたびに、私を救ってくれた漫画をいくつか紹介します。
 

G戦場ヘヴンズドア 全3巻 日本橋ヨヲコ

 
少年2人が漫画家を目指す話。斜に構えて、いけ好かない主人公が、周りの人間と衝突したり、触発されて、真っ直ぐに夢を追うまでになる物語です。
 
本気になることは恥ずかしくない、そう思わせてくれる作品です。他人と比較して一喜一憂している時間が惜しい、脇目を振らず一直線で自分の目標を追いたくなります。

 

あんたは現実に逃げなくなった。

照れずにまっすぐ夢を語れるようになった。

マンガ家に必要なものなんてそれだけよ。

 

 

 

サンクチュアリ 全12巻 原作:史村翔/作画:池上遼一

 
政治と極道の世界を描いた漫画。カンボジアの動乱に巻き込まれ生き延びた2人の少年が、帰国後、平和ボケした日本の姿に衝撃を受け、それぞれ政治家と極道になって社会の変革を目指すといった内容です。20年以上前の作品であるにも関わらず、そのスリリングな面白さは色褪せず、憲法九条の問題を含め現代日本への示唆ともなる内容が多く込められています。
 
この作品の一番の魅力として、登場する極道、政治家、警察に起業家と様々な人物のそれぞれが、並々ならぬ覚悟を持って行動している点にあります。
 
彼らに比べて私はなんて生ぬるい覚悟で挑もうとしてたんだと反省して、熱く心を滾らせることができます。
 
安定を求めるか、それとも何かを動かすか。
人の一生はそんなに長かねえぜ!!

 

逆境ナイン 全6巻 島本和彦

 
熱血が行き過ぎた野球漫画。100点差の試合を覆すといったコメディにしか見えない無茶苦茶な設定が多いのですが、主人公や周囲の説得力のある熱い言葉と行動がその設定を凌駕し、力技でストーリーとして成立させてしまっています。
 
たかが受験程度でくよくよしているのが馬鹿らしくなります。すべてが思い通りにならない逆境でこそ、その人の真価は問われます。そんなときに立ち上がって前を向くための言葉がこの漫画には詰まっています。
 

惨敗した思い出が…血のにじむような、悔しい思い出が

明日に踏み出す一歩となるんじゃあないのかっ!?

 

ピンポン 全5巻 松本大洋

 
卓球を題材にした少年達の挫折と成長の話。勝負事の無情さを感じさせつつも、何か清々しさを感じる構成になっています。
 
脇役にアクマという人物がいるのですが、彼が特に魅力的です。凡人ではありながらも死に物狂いの努力で強豪校に入って、しかし、才能の前にはあっさり敗れ去っていき、グレていくのです。凡人なりの不器用さとその苦悩に共感できます。
 
スランプに陥り鬱状態の主人公へ彼が放った言葉には辛いときによく勇気づけられました。
 
血反吐はくまで走り込め、血便するまで素振りしろ。
ちったあ今より楽になれんぜ。

  

天 全18巻 福本伸行

 
麻雀漫画であって麻雀漫画でないもの。カイジやアカギで有名な作者の作品。アカギという作品は、この天に出てきた赤木しげるの少年時代を描いたスピンオフです。本作の天は、その赤木が、魅力的過ぎて完全に主人公を食ってしまっている問題作です。
 
基本的に麻雀が題材なのですが、最後の3巻は訳あって赤木の死生観がひたすら語られます。
 
生きることは不本意の連続ではあるが、その不本意が願いを輝かせる、だからその不本意と仲良くしよう、そんな彼の哲学によって、どん底からでも前を向いて進むことができるようになりました。

 もう・・・漕ぎ出そう・・・!
いわゆる「まとも」から放たれた人生に・・・!
 

おわり

 
以上、挫折だらけの私の人生をことあるごとに救ってくれた漫画でした。
 
適度に息抜きし、自分のやる気もときどき充電してやることが大切です。
 
Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック